インプラント

診療内容

implant_1

インプラント治療

ひと昔前までは歯を失うと入れ歯・差し歯やブリッジが主流でしたが、近年の医療技術の進化で登場したインプラント(人工歯根)は、顎の骨に直接チタン製の人口歯根を埋め込み、その上から金合金で作製した冠を取り付けます。
インプラントの大きなメリットとしましては、もとの自然の歯に近い噛み心地と美しさを取り戻す事ができます。インプラントの治療には、身体状態などによって治療が不可能な場合がありますので、医師との十分な打ち合わせ・カウンセリングが必要となってきます。

インプラントは、生体組織に最も近く影響を及ぼさないチタンでできています。そのチタン製のインプラントを顎の骨に埋め込み、治療後2〜6ヶ月程度でまわりの骨と結合し、自然の歯根同様の土台を作ります。

【インプラントのメリット】

・自然な歯と同じような噛み応えが得られます。
・入れ歯と違い外れる心配がありません。
・歯がない部分が何本からでも治療が行えます。
・ブリッジなどと違い、健康な歯を削る必要がありません。
・以前のように楽しい食事ができるようになります。
・ 見た目も自然の歯とほとんど変わりません。

【インプラントのデメリット】

・手術をしますので、長い治療期間が必要となります。
・糖尿病・骨粗しょう症などの疾患がある場合、治療を行えないことがございます。
・ 現在では、保険適用外の治療となります。

インプラントの治療例

【1本失った場合のインプラント治療】

失った歯の所にインプラントを施します。今まで隣の歯を削って埋めていたブリッジとは異なり、インプラントでは健康な歯を削る必要がありません。

implant_2

【数本失った場合のインプラント治療】

今まで部分入れ歯を用いていましたが、隣の歯に金具を固定するため健康な歯を傷付けていました。インプラントの治療では、数本のインプラントを直接顎の骨に埋め込みますので、隣の歯は健康そのものです。

implant_3

【全部失った場合のインプラント治療】

今まで使っていたかぶせるだけの総入れ歯ではなく、インプラントを数本用いて、そこに入れ歯を固定する治療を行います。こうする事で入れ歯と違い、食べ物の噛み心地も良くなり、入れ歯の隙間に食べ物のカスが入り込む事も無くなります。

implant_4

インプラント治療の流れ

診査・カウンセリング
インプラント治療が行えるか診断いたします。歯茎の状態や身体的な健康状態を診査し、インプラント治療が行えるようであれば、インプラント治療の詳しいご説明をいたします。
インプラントの治療計画
CT撮影を行い骨の厚みや密度などを調べます。これによりインプラントのサイズや埋入の深さや方向を決定します。治療計画が決定すれば、インプラントの手術に入ります。
インプラント埋入の手術
implant_5まず、歯の根っことなる部分、インプラントの部品(フィクスチャー)を顎の骨に埋入していきます。局所麻酔を行い、顎の骨にインプラントを埋入していきます。通常インプラントと骨が完全に結合するまでに約3ヶ月〜6ヶ月要します。その後、上部構造(かぶせもの)を装着いたします。もし、埋入後すぐに上部構造(かぶせもの)を装着したいという患者さまには、仮の歯を入れる場合がございます。
人口歯を装着
implant_6約3ヶ月~6ヶ月後インプラントが骨と完全に結合した事を確認し、最終的な人口の歯(上部構造)を製作いたします。骨と結合したインプラントにアパットメントを取り付け、製作された人口の歯(上部構造)を取り付けていきます。

メンテナンス
implant_7人口の歯を装着して治療が終わるわけではありません。インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアで口腔内を清潔に保ち、半年に1度来院いただき、定期的な咬み合わせや清掃状態などの健診をオススメいたします。