ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー(バネの無い入れ歯)

metal_img_2

従来の入れ歯(義歯)では残っている歯に金属のかけがね(クラスプ)をかけて入れ歯を持たせているのですが、その金属のかけがね(クラスプ)のない入れ歯(義歯)のことをノンクラスプデンチャー(バネの無い入れ歯)と言います。
見た目では入れ歯(義歯)が入っているのがわからないぐらい自然な美しさがあり、前歯に金属のかけがねが見えて気になる方にはこのノンクラスプデンチャーをおすすめいたします。
また、薄くて軽い仕上がりの入れ歯(義歯)になるため、違和感無く口の中がスッキリと感じられ、機能性ともに従来の入れ歯とは比べ物にならないほど素晴らしい最新型の入れ歯(義歯)だと言えます。
さらに近年問題化されている金属アレルギーに関しても従来の保険入れ歯(義歯)に比べ、金属を使用していないのでなんの心配もいりません。
ノンクラスプデンチャーの材質に関しても、弾力性の高いナイロン樹脂で作られているため、ねじっても割れないこの性質は樹脂を薄く作っても割れにくく安心と言えるので、「耐久性」に関しても優れていると言えます。また、ノンクラスプデンチャーのこの高い弾力性により最適なフィット感を与えていると言えます。

ノンクラスプデンチャーにすることで審美性に優れ、使い心地に優れ、口腔内損傷を防止するといった「審美性」「機能性」「健康面」全てに高い評価が与えられます。