ノンメタル治療をお考えの方

ノンメタル治療とは

ノンメタル治療を簡単に説明すると歯科治療に金属を使わない治療のことです。
一般的に使用されているかぶせものには、アマルガム、金銀パラジュウム合金、ニッケル合金、コバルトクロム合金、チタンなど様々な金属が使用されております。
ここ最近では、この歯科治療に使用された金属により発生する金属アレルギーが問題化されてきました。また、金属アレルギー以外にも口の中の金属にはガルバニック電流と呼ばれる電流を発生しております。このガルバニック電流は脳が発生している微弱電流を乱してしまい、自律神経のバランスを崩してしまうと言う深刻な問題が起きております。
口の中で使用する金属は微量ではありますが、何十年もの間口の中にトラブルの原因をいれたままにしておきますと健康に被害を及ぼすといったケースも出てきます。

歯科治療に不可欠だった金属のつめものやかぶせものですが、この金属を使用しない治療こそがノンメタル治療と言います。このようにノンメタル治療は、白く美しい歯というだけではなく、健康面から考え出された治療法だと言えます。
もし、身体にアレルギー性な反応(頭痛、不眠、めまい、アトピー性皮膚炎など)が発症し、内科・皮膚科に看てもらっても治らない場合は、お口の中の金属を疑ってみるのも良いかもしれません。
一生、身体に使用していく材質だと思って、一度、当院にご相談ください。

オールセラミッククラウン

metal_img_1

つめものやかぶせものの材質が全てセラミック材を使用している審美歯科治療をオールセラミック治療と言います。
冠の中にメタルを使用しているメタルボンドと違い、治療に使用する全ての材質をセラミックにしているため、天然の歯に近い透明感のある美しい歯に仕上がります。
また、まったく金属を使用していないため、金属アレルギーの方にも安心しておすすめできるので、健康面に関しても優れている治療だと言えるでしょう。

オールセラミッククラウンのメリット

・自然な透明感があり、天然の歯に最も近い仕上がりになります。
・金属をまったく使用していないので金属アレルギーの方にも最適です。
・金属材質特有の歯ぐきなどの変色がない。